悪銭苦闘して、やっとWordPressをエックスサーバー内で移転した


悪銭苦闘して、やっとWordPressをエックスサーバー内で移転したこのたびWordPress で運用している当ブログ
http://memo.aruga.info
から
http://memo.a21.jp

同じエックスサーバー内でしたが
別のURLに移転した、作業のメモとして記録しました。

当初は
ネット上のファイルをダウンロードして
新しい移転先にアップロードすれば
いいのかな~と考えていましたが、

そんなに単純では無いことが分かりました。

「WordPress  移転」で検索をして
移転作業の手順を学びながらの
初めての挑戦で悪銭苦闘をしました。

参考記事を数件参照してブックマークに登録しましたが
その中で、一番に悪銭苦闘から、解決の糸口の見えた記事が

悪戦苦闘5日間!ロリポップ!からエックスサーバーへのWordPress移転方法!

この記事を参考に、移転の作業手順をまとめて見ました。

作業手順の全体像として(エックスサーバー内での移転)

  1. 新ドメイン設定
  2. MySQL5を設定
  3. 新ドメインにWordPressをインストール
  4. 現在のデータベースをエクスポート
  5. 現在のファイルをダウンロード
  6. wp-configを書き換える
  7. 新ドメインにデータベースをインポート
  8. 新ドメインにファイルをアップロード
  9. wp optionsを書き換えて動作
  10. WordPressの設定確認
  11. 動作確認

概略として
ファイルとデータベースを全部ダウンロードして
wp-configファイルを書き換えて
新ドメインにアップして終了です。

概ねの流れとしては間違いなく理解して作業を行ったが、

動作確認をしたらページは表示しないし
インポート(PCにダウンロードしたファイルをアップロード)
でエラーも出たり悪戦苦闘しましたので

eraa

備忘帳としてのメモ書きでとしてのまとめです。

そでは、手順の1番~

  1. 新ドメイン設定(サブドメイン設定)
    サブドメインとしてhttp://memo.a21.jpを追加しました。sabu
  2. MySQL5を設定
    MySQL5を設定をクリック
    2014-01-02 20-15-57MySQLの追加でデーターベースを作ります。2014-01-02 19-58-00
    設定時のMySQLデータベースの情報
    データーベース名、MySQLのユーザー名・パスワード
    はメモ帳に控えておいて下さい。
  3. 新ドメインにWordPressをインストール
    サーバーパネルから「自動インストール」をクリックし、
    『WordPress 日本語版』をインストールします。2014-01-08 16-10-36
    自動インストール画面で
    インストールURL、ブログ名ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力します。
    データベースの項目は、上記2の説明でMySQLを作ったので
    「作成済みのデーターベースを利用する」を選択します。上記2でデーターベースを作って無い場合であれば、
    「自動でデーターベースを生成する」にチェック入れてインストールでもOKです。
  4. 2014-01-02 20-09-01これで、WordPressがインストールされ、データベースも生成されましたが
    このデータベースを、いったん空にします。まず、サーバーパネルからphpmyadmin(MySQL5)をクリックして、
    認証画面が表示されますので、
    先ほどのMySQLデータベースの情報を入力し、ログインします。2014-01-08 16-34-532014-01-02 20-16-53ログイン後のphpMyAdmin画面にて、
    画面左上のデータベースから
    information_schemaではない方を選択します。2014-01-02 20-17-31全てのテーブルにチェックを入れて、
    「チェックした物を」で「削除」を選択します。2014-01-02 20-19-46本当に実行しますかで「はい」をクリックします。
    2014-01-02 20-20-04これでいったんデータベースが空になりました。2014-01-02 20-21-09
  5.  現在のデータベースをエクスポート
    上記3.の後半での説明と同じですが
    phpmyadmin(MySQL5)をクリックして、
    認証画面が表示されますので、
    先ほどのMySQLデータベースの情報を入力し、ログインします。データーベースのエクスポートをクリックします。
    2014-01-02 20-23-59DROP TABLE/VIEW/PROCEDURE/FUNCTIONを追加と
    ファイルに保存にチェックを入れます2014-01-02 20-25-41SQLファイルがダウンロードされPC内に保存します。
    2014-01-02 20-26-22
  6. 現在のファイルをダウンロード
    FTPソフトを使い現在の現在のサーバーに接続して
    ファイルを全部ダウンロードします。
  7. wp-configを書き換える
    ダウンロードしたファイルのwp-config.phpを秀丸等の
    メモ帳で開き中身を書き換えます。
    データーベース名、MySQLのユーザー名、パスワードです2014-01-02 20-43-02
  8.  新ドメインにデータベースをインポート
    エクスポートしたデータベース(SQLファイル)を、
    同じエックスサーバーにインポートします。サーバーパネルからphpmyadmin(MySQL5)をクリックして、
    データベースにログインします。
    ファイルを選択して、実行をクリックします。
    2014-01-02 20-29-42
    2014-01-02 20-30-10
  9. 新ドメインにファイルをアップロード
    ダウンロードしたファイルをエックスサーバーに
    FTPソフトでアップロードします。
    アップロード先は、/ドメイン名/public_html/サブドメイン名2014-01-02 20-47-25
  10. wp optionsを書き換えて動作確認
    表示ボタンをクリックして、siteurlを新しいドメインに編集し直します。2014-01-08 21-26-45新ドメインでサイトが表示されるか確認します。
  11.  Wordpressのダッシュボードの設定確認
    サイトが無事表示されたら最後の確認ですが
    サイドバーのカテゴリ等が旧のURLにリンクされていたので
    設定のサイトアドレスを新のURLに変更します。2014-01-03 9-28-47
  12. 動作確認
    サイドバーのカテゴリ等のリンク先が新アドレスに飛んでくれるのか
    最終確認をします。
  13. 動作確認の結果で2点の問題が表示しました。
    • リンク先が表示が前のURLのままであった。
    • 画像が表示されなかった。
      画像の表示リンク先がやはり前のURLのままであった。
  14. 修正方法として
    投稿一覧から記事を1件つづ表示させて確認してみた。
    検索するに「Ctrl+F」のショートカットキーで検索して
    間違いURLを新しい移転先のURLに1個1個修正することも可能ですが、

    投稿記事が沢山の場合はとてもやりきれませんネ
    そこで
    置換のプラグインがないか調べて見ましたら、ありました。

    「Search Regex」
    全記事から検索して一括置換してくれた優れものです。

    サイドバーのプラグイン新規追加で
    「Search Regex」と検索、インストールして有効化して使って下さい。

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...>
カテゴリー: WordPress, インターネット, パソコン タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です